フラワーエッセンス・ハンズオンヒーリング

自然の花(植物)と、人間のこころ(たましい)が響きあうことを発見したエドワード・バック(バッチ)医師によって、1930年代に開発されました。
バッチフラワーレメディとも呼ばれます。

 

花(植物)が自然の秩序(自然のリズムやハーモニー)を持っているのと同じように、私たちのこころ(たましい)も自然のリズムやハーモニーをもっています。でも私たちのこころはそれを忘れてしまうことがあります。

 

そんなとき、フラワーエッセンスは私たちのこころに、自然のリズムやハーモニーを思い出させてくれます。たとえば、恐れにとらわれたここrに勇気を、望みを失ったこころに希望を。

フラワーエッセンス療法

フラワーエッセンス療法は花のもつ生命力を転写した水を一定期間服用することで、内面の気づきを促し、こころとからだのバランスを取り戻していく自然療法です。
フラワーエッセンス療法のセッションは、人が人生の過程を発見的に歩いていくのを、フラワーエッセンスを媒介にして、援助することが目的です。

 

セッションでは、取り組みたいこと、達成したいこと、普段感じていることなどを自由に話していただくことからはじめて、そのときどんなふうに感じているか、どのような内的な経験があるかについて話し合いながら、感情や内面の物語がどのような花(フラワーエッセンス)と関連があるかを探していきます。

 

選んだエッセンスを通常約1ヶ月服用していただくことで、気づきが促され、こころとからだが新たなバランスに至るのを助けます。

 

 

 

※フラワーエッセンスのセッションは医学的な治療の代わりとなるものではありません。医学的な治療が必要な方は並行して受けていただくことが必要です。
※セッションで話された内容については、守秘義務を厳守いたします。

ハンズオンヒーリング

ハンズオンヒーリング(Hands-on Healing)は体に手を置く形で行われますが、このヒーリングの基本的な技術である「キレーション」はロザリン・ブリエール博士によって開発されました。

 

生体エネルギー場は一般にオーラとも呼ばれ、体に浸透し、また体を取り巻くような形で存在します。このエネルギー場の状態は感情、知性、霊性など人間の内的な活動や感覚に結びついていると同時に、からだの状態にも結びついています。つまり、このエネルギー場はからだとこころ(たましい)をつなぐ存在です。

 

ヒーラーは生体エネルギー場に直接働きかけることによって、ボディワークや心理的な手段だけではできないような形で、心身の調和を取り戻すことができるよう促します。

 

慢性的な疲労や緊張を軽減すると同時に深いリラックスを促します。免疫力や自然治癒力を高めますので、病気治療の補助として受けていただくこともできます。
受けていただくために必要なことは、服を着たまま横になっていただくだけです。

時間・セッション料金

水:10:00〜20:00(14:00〜16:30休み)
金:13:00〜20:00
土:10:00〜20:00

 

 

■ ハンズオンヒーリング
    60分  11,000円
    30分   6,000円(ハーフセッション)

 

■ フラワーエッセンス療法
    60分   8,000円(服用ボトル:別途1,000円)

 

■ フラワーエッセンス療法&ハンズオンヒーリング
    90分  15,000円(服用ボトル:別途1,000円)

 

 

 

※キャンセルポリシー
  1週間を切ってのキャンセルはキャンセル料金がかかります。
  (セッション料金の半額、当日キャンセルの場合は全額)

プラクティショナー/ヒーラー

高原大輔

 

Seeds of Angelica 主催
フラワーエッセンス療法家
  (School of Healing Arts and Sciences 認定)
ハンズオンヒーラー
  (School of Healing Arts and Sciencesハンズオンヒーリング科卒)
フラワーエッセンス療法学会会長

 

Seeds of Angelica HP
http://www.seedsofangelica.net/
ブログ「フラワーエッセンス療法の根っこ」
http://www.flower-essence-therapy.info/