円通塾

円通塾とは

宇宙大自然の万物万象の形と動きの本質は「円通」です。ミクロからマクロまですべてのものが円通しています。見かけ(前)は円でなくて方であっても実は(後)円、つまり「前方後円」なのです。たとえば、地上は方角があり自他の区別がある方の世界ですが、天から見ると地「球」というように方角も自他の区別もないすべてが一つの円です。易の言葉では「天円地方」というのですが、現在では地方という言葉はよく使われますが、天から見た時の円が忘れられています。
地上に生活する人間は分別知を得て、科学によって方の地上物質世界を発達させました。聖書で言う「知恵の木の実」を必要があって食べたからです。そして長らく本来の円あるいは球を忘れていました。人(霊止:ひと)の本質・中心である玉し霊(たましひ:魂)・Spirit(Spinする玉)を忘れていたのです。これが中心がふらついて円滑・円満な円通ができない現代社会の問題点の核心です。特に日本は円い国旗と円の通貨をもち、十七条の憲法で和(輪:円)を第一に貴ぶ大和の国であるのに残念なことです。
 では、どうすればよいか? それは個人レベルから円通する術を学ぶこと(修身)です。すると次に家が斎(ととの)い、国が治まり天下が平安になります。「修身斎家治国平天下」です。この個人レベルから円通するのに役立つことを、様々な観点から学ぶ場が円通塾です。円通する術を学ぶと、円滑・円満・円熟した幸せな人生を送ることができます。因みに、身体的・精神的・社会的・霊的な健康(Health)も、語源(Holos:全体=円)をたどれば円通なのです。