<<京都/漢方(保険診療)・自律神経免疫療法・オーリング>>

院長 / 田中 実

経歴

 

1950年京都市生まれ。
1974年京都府立医大卒。
1981年同大大学院修了。医学博士。
1998年六角田中医院開業、現在に至る。
1982年より2015年に至るまで神戸中医学研究会所属、 伊藤良・森雄材両師に師事し、東洋医学(中医学)の研究と啓蒙に携わる。

 

その過程で、東洋医学の理解にはその根底にある道教・儒教・仏教、特に易経の理解が不可欠と気付くとともに、四書五経・古神道・言霊・数霊・密教を含めて研究に取り組む。

 

また、さまざまな医療も哲学がなければ単なる技術に過ぎないとの考えから、これまで医学教育ではほとんど顧みられなかった「医療とは何か」、それに関連する「生命・病・健康・癒し・自然治癒力・科学・宗教・教育・医師とは何か」等の諸テーマの一元的解明を試み、独自の医療哲学を確立する。

 

その臨床応用として、東洋医学のほかに、身口意三密健康法・易学診・円通療法等を実践する。

 

2007年内科認定医、東洋医学専門医、認定産業医を辞し、自覚を込めて「生命(円)」と称す。

 

2010年より円通塾を開講、修身斎家治国平天下を目指す。
2011年〜2015年まで世界中医薬学会聯合会男科専業委員会常任理事。

 

理念

 

「医療から療へ」、「円通療」が基本理念。
円通道・観音道・健康道・道を提唱実践し、本来の療を現在に
温故創新する。そして、修身斎家治国平天下を目指す。

 

著書

 

「円通療の日常臨床」(白順社 2016年)

 

「究極の医療は円通療」(白順社 2015年)

 

「生命療は円の療ーカゴメ歌の謎解きと医療哲学ー」
(本の泉社2007年)

 

「脳と心臓の病気は丹参で治せる」(リヨン社1994年)

 

共著

 

「中華男士養生九法 補腎養生法」
(中国医薬科技出版社2013年)
総主編 曹開縺@主編 曹利東 陳建生 田中実

 

「中華男士養生九法 補脾養生法」
(中国医薬科技出版社2013年)
総主編 曹開縺@主編 曽慶h 曹利東 田中実

 

「新装版・中医学入門」
(東洋学術出版社 2012年) 神戸中医学研究会編著

 

「中医臨床のための方剤学
」(東洋学術出版社 2012年) 神戸中医学研究会編著

 

「中医臨床のための温病条弁解説」
(医歯薬出版株式会社 1998年) 神戸中医学研究会 編著

 

「基礎中医学」(燎原1995年)神戸中医学研究会 編著

 

「中医臨床のための舌診と脈診」
(医師薬出版株式会社1989年)神戸中医学研究会編著

 

「中医処方解説」
(医師薬出版株式会社1982年) 伊藤良・山本厳監修 神戸中医学研究会編著他。

 

共訳

 

「中医臨床のための病機と治法」
(原著 陳潮祖 著「中医病機治法学」四川科学技術出版社)
(医歯薬出版株式会社 1991年) 神戸中医学研究会 訳編

 

「[改定]中医学基礎[原著:中医学基礎 上海中医学院編]」
(燎原書店1988年)神戸中医学研究会訳

 

「腎の現代医学的研究[原著:腎的研究 上海医科大学編]」
(中国漢方1988年)腎邦訳委員会訳

 

「症状による中医診断と治療[原著:中医症状鑑別診断学 中医研究院 趙金鐸 主編]」上・下
(燎原書店1987年)神戸中医学研究会訳編他。

 

論文

 

田中実 微量「封髄丹」的臨床効果      
   国際中医男科第八届学術大会論文集  P483〜485
   中国・澳門 2013年10月

 

田中実 「太極円通療法」在男性更年期綜合征的応用  
   国際中医男科第七届学術大会論文集  P403〜405
   中国・天津 2012年6月

 

田中実 補腎方剤併用菜食療法・穴位刺激療法・
呼吸法等綜合療法 治療前列腺疾患的臨床效果観察 
   国際中医男科第六届学術大会論文集  P388〜390
   台湾・台北 2011年6月他。

 

連載

 

「生命療への誘い」(雑誌「むすび」2009年2月より2010年4月)他。

 

雑誌

 

「安心」、「健康365」、「トリニティ」、「PHPカラット」、「宝石」、「週刊朝日」、「むすび」、「家庭画報」他。

 

テレビ

 

「お医者さんの知恵袋」(サンテレビ)シリーズにて3年間。

 

 

田川 知子 医師

北海道大学医学部卒(平成6年)。医学博士(大阪大学)、公衆衛生学修士(ハーバード大学)。
これまで大阪大学医学部第一内科(糖尿病)を中心に関連病院で診療に携わり現在に至る。
日本内科学会総合内科専門医、日本東洋医学会漢方専門医、日本医師会認定産業医。
診療では漢方全般・内科全般・糖尿病を担当。