<<京都/漢方(保険診療)・自律神経免疫療法・オーリング>>

Let It Be

words and music by Lennon/McCartney

 

When I find myself in times of trouble
Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom
Let it be

 

And in my hour of darkness
She is standing right it front of me
Speaking words of wisdom
Let it be

 

*Let it be, let it be
Let it be, let it be
Whisper words of wisdom
Let it be

 

And when the broken hearted people
Living in the world agree
There will be an answer
Let it be

 

For though they may be parted there is
still a chance that they will see
There will be an answer
Let it be

 

**Let it be, let it be
Let it be, let it be
yeah, there will be an answer
Let it be

 

Repeat * (twice)

 

And when the night is cloudy
There is still a light that shines on me
Shine until tomorrow
Let it be

 

I wake up to the sound of music
Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom
Let it be

 

Repeat **
Repeat *

 

 

悩み苦しんでいるときには
母なるマリアがぼくを訪れ
知恵ある言葉をかけてくれる
なすがままに

 

闇に包まれているとき
彼女はぼくのすぐ目の前に立ち
知恵ある言葉をかけてくれる
なすがままに

 

*なすがままに、なすがままに
なすがままに、なすがままに
知恵ある言葉をささやくがいい
なすがままに

 

打ちひしがれた人たちが
この世界で心を一つにしたとき
きっと答えが見つかるだろう
なすがままに

 

たとえ今は別れ別れでも
いつか会える日が来るかもしれない
きっと答えは見つかるだろう
なすがままに

 

なすがままに、なすがままに
なすがままに、なすがままに
きっと答えはみつかるだろう
なすがままに

 

くりかえし*(2回)

 

雲が夜空をおおっていても
まだぼくを照らしてくれる光がある
明日まで輝きつづけておくれ
なすがままに

 

たえなる調べに目を覚ますと
母なるマリアがぼくを訪れ
知恵ある言葉をかけてくれる
なすがままに

 

くりかえし**
くりかえし*

 

 

★母なるマリアを観音さんに置き換えても意味が通じます。(院長)

 

主にまかせよ

(賛美歌291番、新聖歌298番より)

 

主にまかせよ 汝が身を
主はよろこび 助けまさん
忍びて春を待て 雪はとけて花は咲かん
嵐にも闇にも ただまかせよ汝が身を

 

主にまかせよ 汝が身を
主はよろこび 助けまさん
悩みは強くとも 御恵みには勝つを得じ
まことなる主の手に ただまかせよ汝が身を
アーメン

 

 

★主は実はあなたの内にすでにおわします。天にまします主は同時に内にもおわすのです。
何故なら私たちは腸を通じて神なる宇宙とつながっているからです。
外なる宇宙つまり神がそのまま我が身の隅々に展開しているのです。
我が身はそのまま宇宙であり神であることは、実は発生学的にも明らかなのです。
生命療の土台をなす巫の左の人は自我の自分で右側の人は神なる真我で主でもあります。
この賛美歌はうちなる主に呼びかけながら歌えばよいでしょう。(院長)

 

作詞/作曲 谷村新司

 

目を閉じて何も見えず
悲しくて目を開ければ
荒野に向かう道より
他に見えるものはなし
ああ 砕け散る 宿命の星たちよ
せめて密やかにこの身を照らせよ
我は行く 蒼白き頬のままで
我は行く さらば昴よ

 

呼吸をすれば胸の中
凩は吠き続ける
されど我が胸は熱く
夢を追い続けるなり
ああ さんざめく 名もなき星たちよ
せめて鮮やかに その身を終われよ
我も行く 心の命ずるままに
我も行く さらば昴よ

 

ああ いつの日か 誰かがこの道を
ああいつの日か 誰かがこの道を
我は行く 蒼白き頬のままで
我は行く さらば昴よ
我は行く さらば昴よ

 

 

★”心の命ずるまま”は魂の命ずるままであり、天の命ずる(天命の)ままであり、
本音の命ずるままでもあると理解しています。(院長)

 

延命十句観音経

 

 

観世音 南無仏
与仏有因 与仏有縁
仏法僧縁 常楽我浄
朝念観世音 暮念観世音
念念従心起 念念不離心

 

 

かんぜおん なむぶつ
よぶつういん よぶつうえん
ぶっぽうそうえん じょうらくがじょう
ちょうねんかんぜおん ぼねんかんぜおん
ねんねんじゅうしんき ねんねんふりしん

 

 

★このお経を詠むのは場所を選ばず、時をきらわず、車の中でも、歩いていても、床の中でも
行住坐臥つねに詠むことができるものである。詠むときには、ただ詠むがよい。何も思わず、
何も求めず、ただただ唱えさえすればよい。必ずありがたい霊験があらわれてくるであろう
 (白隠禅師)
★このお経を唱えていると、何時か、なぜ「常楽我浄」となるのかが自ずとわかってきます(院長)

時代

作詞/作曲 中島みゆき

 

今はこんなに悲しくて涙も枯れ果てて
もう二度と笑顔にはなれそうもないけれど

 

そんな時代もあったねといつか話せる日が来るわ
あんな時代もあったねときっと笑って話せるわ
だから今日はくよくよしないで今日の風に吹かれましょう
まわるまわるよ時代はまわる喜び悲しみ繰り返し
今日は別れた恋人たちも生まれ変わってめぐり合うよ

 

旅を続ける人々はいつか故郷に出会う日を
たとえ今夜は倒れてもきっと信じてドアを出る
たとえ今日は果てしもなく冷たい雨が降っていても
めぐるめぐるよ時代はめぐる別れと出会いを繰り返し
今日は倒れた旅人たちも生まれ変わって歩き出すよ

 

まわるまわるよ時代はまわる別れと出会いを繰り返し
今日は倒れた旅人たちも生まれ変わって歩き出すよ
今日は倒れた旅人たちも生まれ変わって歩き出すよ

 

 

 

★この曲は円通に通じるところがあります。1日1日、1年1年、1生1生の喜び悲しみを繰り返す中で、
”必ず”成長発展する観音の道の法則を歌い上げたものと、私なりに理解しています。
「旅を続ける人々はいつか故郷に出会う日を」の「故郷」とは、心(魂)のふるさとです。(院長)