<<京都/漢方(保険診療)・自律神経免疫療法・オーリング>>

Q 健康保険は使えるのですか。

A 各種健康保険が使用できますので初診の際には必ず保険証をお持ちください。

Q 漢方薬は煎じないといけないのですか。

A 多くの場合、最初はエキス顆粒またはカプセル剤などが処方されますが、効果が弱い場合やご本人に合わせて生薬ごとに配合を変える必要がある場合は煎じ薬になることもあります。

Q 処方されるのは漢方薬だけですか。

A 8〜9割ほど漢方薬ですが、特に患者さんが一般の西洋薬をご希望されたり先生の判断で必要ならば鎮痛剤、降圧剤他の一般薬を飲んでいただくこともあります。

Q お薬はどこで受け取るのですか。

A 院外処方となっておりますので、漢方を調剤していただける薬局へ処方箋をお持ちいただき調剤していただくことになります。

Q どれくらいでお薬の効果が出るのでしょうか。

A 一般的に急性疾患に対するお薬は効き目が早く出てきます。また胃腸疾患も比較的早く何らかの身体の反応が出てきます。お薬が身体に合っているかどうか見るために一週間以内で2回目の予約を取っていただくことが多いです。

Q 今、他の病院に通っているのですが。

A かかりつけの病院で西洋薬を処方してもらいながら六角田中医院に通って漢方薬を飲まれている方も多くおられます。東洋医学・西洋医学ではそれぞれ得意の分野がありますから互いに活かせる形が望ましいですね。

Q どういう病気の方が来られていますか。

A 標榜しているのは、内科・皮膚科・リウマチ科・心療内科ですが、あらゆる病気や症状の方が来られています。肩こり・便秘・鼻炎・アトピー性皮膚炎・高血圧・糖尿病から、リウマチやがんなどの難病、また他の病院で検査をしたけれど原因がわからなかったという病気など。

Q 赤ちゃんも漢方薬を飲めますか。

A 小さい子供さんに適した漢方薬もありますので、直接飲んでいただいたり、またはお母さんが飲んで母乳を通して赤ちゃんを治療していくという方法もあります。

Q 検査はするのですか。また入院できますか。

A 血液検査・尿検査・心電図測定のみ行います。もし症状によって精密検査が必要な場合は、他の病院にご紹介して検査を受けていただきます。入院設備はありません。

Q 健康食品を飲んでいるのですが、身体に合っているでしょうか。

A お持ちいただいてご自身に合っているかどうか先生と話し合っていただいて(オーリングテストも利用)結構です。健康食品が巷では氾濫しています。世間でいいと言われているものでも必ずしも本人に合っているかどうかはわかりません。